巨大らっきょと困り顔

雨の週末、嫌っちゅう程、寝ていた我が家
結局、活動したのなんて土曜の18時過ぎ
それまで、ゴロゴロゴロ夜はそうめんです。
d0343573_10272615.jpg
子だくさんの同級生には「子供いないから!!だらだら出来る」
なんて嫌味の一言でも言われそうだけど
なんだか、1週間眠れずにおりました。
d0343573_10283763.jpg
塩漬けにしようと最後のらっきょ「でかっ」

d0343573_10371456.jpg
剥いてもでかい!!
d0343573_10562723.jpg
ワイドショーやニュースで泣いてる私に連動して
「困っている」クランちゃん

d0343573_10571279.jpg
d0343573_10575755.jpg

夫は、らっきょアレルギー?!って
クランの目を心配しますが・・・
まさかね・・・・

赤くなったり、赤くなくなったり
クランが心配するので、泣くのは止めます。


-追悼-
SNSで、数年前まで一緒に飲んでた友人の悲報を聞きました。
突然すぎて、心臓が止まって一晩眠れませんでした・・・

まだ、お子さんを産んで半年足らずだったはず・・・
高齢出産だったのかもしれないけど唐突過ぎて・・・

急性心不全?!何より、突然だったらいいです。

ちゃんと「愛する人に愛してる」と伝えてますか?
居なくなってからでは伝えたくても伝えれませんよ。

と旦那様から綴られていました。

そして、小林麻央さん、彼女のまばゆいばかりの芯の強い目
苦しいなか「愛してる」と言って旅立った・・・最後まで強く美しい人

なんだか、色んな事を考えさせられました。

いまだに旦那には「愛してるも」「大好きも」言えてません

落ち着いたら、会いに行こうと思ってた
ずっと見ていたかった家族

大きな喪失感とイライラとモヤモヤ・・・

それでも、ちっぽけな私は、
日々の健康を見つめていくしか
ないのです。

あと何年、何十年夫婦でいられるかな?!
いつかは、お別れ来ること忘れません・・・


夫は、早くに実父を失くしているせいか
いつも「ありがとう」「幸せ~」と言ってくれます。

そんな思いやりに溺れないように
日々、大切に生きてます。


[PR]
Commented by kobacken at 2017-06-26 12:52
そうだったんだ。
悲しいね。
突然の別れは特に、その現実を受け入れるのに時間がかかると思います。
それでも自分は生きているんだからと、歯を食いしばって生きて行くしかないんだよね。

故人との楽しい思い出をいっぱい思い出して。
それが一番の供養になるんだって、お坊さんに言われました。

私も、子供がない分、夫婦のつながりが濃いでしょ。
この年になると、いつかのことを考えるとね。
でもね、最後に「ああ、この人と一緒で良かったな」って思えたら、それでもういいかなって思うんだ。
Commented by cuccaaan at 2017-06-26 18:07
> kobackenさん
H子さん
突然すぎて言葉も出ないってこういうこと?!「お子さんも産まれて羨ましいな、コツを伝授」とか思ってた矢先でした・・・なんだかとっても儚い・・・そういう事もあるのですね。生死を身近に感じる1週間でした。

素敵な書家の先生でしたので、教え子たちも相当ショックだったようです。そうですね。「一番の供養」慕われてる分たくさんの思い出話をされているのかと思います。そんな人生を私も歩みたいものです。

夫婦の繋がり、濃いですね!!ひろしさんのキャラと共に・・・いえ、素敵ご夫婦っていうかおかぁさんもいらっしゃるからもうファミリー近所の人たちまで含めちゃって大所帯!!いつも賑やかで羨ましいです。
「この人と一緒で・・・」と言うより「知り合いになれて良かったなぁ~」って思える方ですよですよ、H子さんっ!!

Commented by yasushi-shi at 2017-06-26 23:38
同世代がなくなるというのはお辛いですね。年齢順、というわけではないけれどどうしたって「まだ」と高をくくっていますから。(ワタシのことですよ、「死」はやっぱり他人事としてしかとらえられないですまだ。)
突然の死は周りに大きな波風をおこしますよね。後悔したくはない、と思いますが残る方にせよ去る方にせよきっと気持ちはみだれます。モヤモヤ、します。
つれあいさんに気持ちを言葉で伝えられる日がきますように。きっと十分お気持ちは伝わっていますよ。にゃんこトライアル期間のことを拝見してもお二人の関係がとてもよいものなんだと伝わってきましたもの。言われて嬉しいことはそのままかえしたらいいのですよ(*‘ω‘ *)ちょっとずーつ、ボチボチね。
眠れるようになりますように。お体、お大事にね。
Commented by cuccaaan at 2017-06-28 10:24
> yasushi-shiさん
本当になんだか他人事だった「病気」も「死」も急に近くにやって来たような感覚です。にゃんこトライアルの時は、色々教えてもらいました。普段はなんも決めれない夫だけどしっかり私ら(クーちゃん’s)の味方してくれて頼りになる存在でした。ちょーっとずつ今の状態をキープしつつボチボチ毎日を過ごしてゆきます。たくさんの励ましのお言葉ありがとうございます。今度は逆に、まだ、寝るかってくらい眠いですけど人様に迷惑をかけない程度に眠ります。本当に、ありがとうございます。
by cuccaaan | 2017-06-26 11:10 | クラン日記 | Comments(4)

Cat Name:クラン H27生まれの白キジクランの成長日記、特技は「ぬいぐるみ」になること、嫌いな事はブラッシング 正義感が強く、溺れたカリカリを救出する事が日課です。夫婦2人のおうちごはん、たまに野球を絡めた旅日記


by cucca